ナチュラルフレンチでいこう! ~インテリアブログ~

女だってDIYできる!手作りだと材料も選べるし安いし、何より自分で作るのって楽しい。DIYと無縁だった30歳の主婦が、ナチュラルフレンチな家を目指しインテリアやガーデニングをDIYを取り入れながら改造していきます。

タグ:多肉植物

こんばんは。

今日は先日の祝日に寄せ植えした多肉植物のご紹介です。

寄せ植えを作ったものの写真を撮ってなかったので本日
雨が上がった時に撮ってみました。

現在、主人にお願いして木製ラックを作ってもらっていますが
その木製ラックに多肉植物を飾りたいと考えていて、お花屋さんや
ホームセンターに行った際は多肉植物をチェックしていました。

そして先日ホームセンターコーナンに行った時に多肉植物が何種類か入って
売られているパックを見つけました。

ホームセンターコーナンで売られていた多肉植物のセット。鮮やかな赤や緑、あずき色など色とりどりの多肉植物がパックに入れられて販売されていました。

少しづつ何種類か入ったこのパックは、寄せ植えを作りたいと
考えていた私にピッタリです。
(こんな風に売られているのをあまり見かけたことがなく、主人はコロッケのパックに
何が入っているの?…なんて言っていました)

以前、義姉からブリキ缶などナチュラル系の雑貨をいくつか頂いて
たのでそれを使って寄せ植えを作りました。

買って帰った多肉植物をヤシガラマットの鉢に寄せ植えしました。多肉植物のレイアウトを考えて作った寄植えはとても賑やかでキュートです。その中でも赤い多肉植物は色も形もまるでバラのようです。
 
ワイヤーでできたこのカゴに麻布を敷き、
そこにサボテン・多肉植物の土を入れて、後は全体のバランスを見ながら多肉植物を並べて完成。
このサボテン・多肉植物の土は、多肉植物専用なので通気性の良い土で開花を促進する
リン酸肥料も混入済みなので、元気に育つようにと専用の培養土を使用しました。

今回の寄植えではワイヤーと麻布での植え付けなので、ブリキ缶や素焼きの鉢に比べて
通気性・排水性は良いですが、この多肉植物専用培養土を併用すればさらに通気性が
良くなり根腐れ防止になります。

雑貨店で売られているブリキ缶に多肉植物を植える場合は、購入時にお店の方に
お願いすると底部にドリルで排水の穴を開けてもらえることがありますが、ブリキ缶の周囲は
通気性が全く期待できません。素焼きの鉢では素材自体に無数の小さい気泡があり
通気性が良いですが、ブリキ缶を使用する時は通気性や排水性を考慮しないと
置き場所によっては根腐れしてしまいます。
サボテンが育っている環境を想像していただければわかると思いますが、ジメジメとした
苔が生えるような環境ではサボテンは自生していないですよね。
砂漠などの温暖な乾燥地帯に自生するものが多いです。夏場の朝に多肉植物に水遣りをして
排水性の悪い容器だと底部に溜まった水が、気温により蒸しかえるような状態になってしまい
根を痛めます。

雑貨店で売られているブリキ缶に多肉植物植物を植え付ける際は、底部に10個程の穴を開けて
もらい、必要に応じて底部に近い側面部にも排水・通気の穴を開けてもらうのが良いと思います。
さらにサボテン・多肉植物の土のような専用の培養土を使うことによって、排水性・通気性が
良くなり根腐れを防止して元気に育ってくれると思います。


多肉植物専用の植え付け土を使い寄植えの完成


多肉植物は植え付けが容易で環境が合えば爆発的に増えて、株分けをしてお友達に
あげることもできます。お友達同士で違う種類の多肉植物を育てて、増えてきたら
交換するというのも育てる楽しみがありますね。

今回寄せ植えに使ったこの麻布カゴ以外にも、ブリキ缶がいくつか
空いているので、少しづついろんな植物を植えてかわいいナチュラルガーデンを
楽しんでいこうと思います。

小さな鉢という空間で、ギュッとかわいらしさが詰まった麻布を使った
ナチュラルガーデン的な多肉植物の寄植えができました。


 

前回のブログでお伝えしていたようにガレージに置く木製ラックの製作をしています。

先日の祝日、春分の日に朝から主人と手分けして作業するつもりでしたが、木製ラックの保護塗料として使っていたキシラデコールが残り少ないことに気付き、急遽近くのホームセンター コーナンへ。
コーナンに着きキシラデコールの売り場に行って今回使っている、ワイスを探しましたがどこにもありません。よくよく見るとコーナンで扱っているのは10色でワイスは扱っていないようです。
キシラデコールがないと作業を進めれない。
しかし、キシラデコールのワイスを買ったホームセンター ムサシは車で往復1時間半かかるので時間がもったいなく、この日はキシラデコールの塗布作業を諦めて楽天市場でワイスを注文することにしました。
楽天市場の最安値だと4リットル缶でコーナン店頭価格より2千円くらい安かったです。

目的のキシラデコールは買えなかったけど、せっかくコーナンに来たので園芸コーナーをしばし物色することに。
暖かくなってきたのでだいぶお花の種類も充実して賑やかになっています。その中でも多肉植物が以前より充実してて、そのかわいさに負けて10個ほど買いました。

自宅に戻ってからは主人は木製ラックの製作ができないので、代わりにリビングに置く予定の木製小物棚をDIYで作っていました。
これはリビングのキャビネットの上に置いて、中に多肉植物の鉢や雑貨を飾る予定です。主人が頑張ってくれたおかげで棚自体は完成したので、後は引き出しを作ってもらって、白でペンキ塗りしたら完成です。
出来上がったらまた写真も載せますね。

私はこの日はキシラデコールの塗布作業をするつもりでしたが肝心の塗料が買えなかったので、コーナンで買ってきた多肉植物をブリキの鉢へ植え付けしてました。
義姉からいただいたブリキの鉢がいくつかあったので、それを使いましたが多肉植物ととても良く合いかわいくなりました。
こちらの写真も後日載せます。

ということでガレージに置く木製ラックはまだ少し時間がかかりそうです。
その分、丁寧に作ってDIYを楽しみます('-^*)


こんばんは。

以前のブログでご紹介したウンベラータをかわいい鉢に
植え替えたいと思っていました。

そして家の近くで、私がよく行く近所のお花屋さんに私好みの鉢を
探しに出かけてみました。

しかし、私好みの鉢がなくお店の人に聞いてみると『今月の半ばから
終わりにかけて入ってくる予定です』とのこと。。。
観葉植物の植え替えは暖かくなった頃に行うものらしく、
毎年、それぐらいの時期に鉢などの入荷もあるみたいです。

なので、ウンベラータの植え替えは少し先延ばしにします。
せっかくお花屋さんに来たので、店内を一通り見る事に…
春になると沢山の花が店頭に並び始め、ガーデニングにも力が入ります。
今考えているのは、多肉系植物を増やして多肉コーナーを作ろかと
思っています。

Nikon_J1-0069

お店の方に許可を頂き写真を撮らせて頂きました。
どれもまだ我家にない多肉ちゃんばかりです。

Nikon_J1-0068

主人は昔サボテンが好きだったって聞いた事があったなぁ…

多肉系植物意外にも春らしい色のお花も沢山ありました。

Nikon_J1-0067

Nikon_J1-0070

そしてこのお店は植物意外にも雑貨なども売られていて
見ているだけでも楽しいお店なんです。

Nikon_J1-0051

Nikon_J1-0050

梅雨時期に咲くあじさいの近くに置いたりすると
雰囲気出そうだなぁ…

一通り店内を見て周りましたが、結局何も買わず出てきちゃいました。
(写真だけ撮らせてもらった形になってお店の方に申し訳ないです。。。)
だけど、近いうちに鉢の入荷があるってことなのでそのときに購入させて
頂きます。
素敵な鉢が入ってくるといいなぁ。。。

では。






このページのトップヘ